青リンゴには毒がある

ふてーきさくじょ

シーズン7 ランドカビゲン

f:id:aorinpoke:20180123164628g:plainf:id:aorinpoke:20180123164641g:plainf:id:aorinpoke:20180123164656g:plainf:id:aorinpoke:20180123164715g:plain

 

ランドロス

持ち物:ジメンZ

特性:いかく

性格:いじっぱり

実数値:175-198-111-x-124-126

技:じしん/がんせきふうじ/ステルスロック/じゅうりょく

調整意図:D→C222こごえるかぜを3つ切り   

         C211めざめるパワー(氷)5つ切りで耐える程度

     S→最速テッカグヤ+2

 

カビゴン

持ち物:バンジのみ

特性:くいしんぼう

性格:わんぱく

実数値:262-130-125-x-139-50

技:れいとうパンチ/あくび/ふきとばし/リサイクル 

調整意図:D→サイコフィールド下カプ・テテフサイコキネシス2耐え

 

ゲンガー

持ち物:ゲンガナイト

特性:のろわれボディ→かげふみ

性格:おくびょう

実数値:135-x-81-182-95-178→135-x-101-222-115-200

技:さいみんじゅつ/たたりめ/ヘドロばくだん/みがわり

 

カミツルギ

持ち物:カムラのみ

特性:ビーストブースト

性格:ようき

実数値:136-216-156-x-68-171

技:リーフブレード/つじぎり/つるぎのまい/こうごうせい

調整意図:D→サイコフィールド下C182カプ・テテフサイコキネシスで75%~

     S→最速ウツロイド抜き

 

<構築経緯のような>

カムラカミツルギを使いたかった。

カムラを最も生かせそうなのはメガゲンガーの裏だと思いメガゲンガーを採用。

カミツルギとの相性を考えてアタッカーで採用したかったので、ステルスロック持ちが欲しく、ランドロスを採用。

カミツルギを出せない時のクッション兼削りとしてカビゴンを採用した。

 

 

<色々>

f:id:aorinpoke:20171110191314g:plainランドロス

殆どの試合に初手選出し、ステルスロックを撒いていく。

出し負けたとしてもカビゴンに引きあくびを打つことで再び場に戻せるので初手出しが比較的安定する。

“相手のptにテッカグヤがいるからランドロス+カビゴン+ゲンガーの選出が出来ない”のでは話にならないので、ジメンZとじゅうりょくを採用した。

ジメンZはそれ以外にも初手に出てくるアシレーヌ等を一方的に倒したり、B実数値が150付近のカバルドンをじしん+ライジングランドオーバーでそこそこの乱数で倒すなど強力だった。

 

 

f:id:aorinpoke:20180123174109g:plainカビゴン

ステルスロックを撒いた後にあくびによる削りを行う。

カビゴンのヘビーボンバーは試行回数を稼げるこのポケモンに合っていないと以前から思っていたので、PPが24もあり(重要)、追加効果もついているれいとうパンチとしている。ボーマンダアーゴヨンへの打点にもなる。

ヘビーボンバーではなく困る試合よりも、れいとうパンチで勝った試合の方が明らかに多かった。

 

 

f:id:aorinpoke:20160915005615g:plainゲンガー

普通のメガゲンガー

バシャーモ入りに対しても強引に選出できる、アーゴヨンに切り返されると厳しいなどの理由でさいみんじゅつ+たたりめで採用した。

こごえるかぜはカビゴンボーマンダとそこそこ殴りあえるので、必要ないと判断した。

 

 

f:id:aorinpoke:20180123183552p:plainカミツルギ

メガゲンガーこだわりスカーフを持ったカプ・テテフやメガギャラドスで切り返してくる相手に対して一方的に勝つことができるカムラカミツルギ

こうごうせいはゴツゴツメットや等倍低火力技で強引に倒しに来る動きを許したくないので採用。スカーフガブリアス等に対してもこうごうせいを打ち続ければ勝つことができるのでみがわりよりも優先度が高い技であると思っている。

A↑↑↑リーフブレードステルスロックダメージを入れた無振りメガバシャーモ程度なら倒せる。

 

 

裏を上手く組めず、最終日もスイクンミミッキュデンジュモクウォッシュロトムボーマンダオニゴーリカプ・テテフ辺りをコロコロ入れ替えながら使っていた。

最高レートは2061で、一番レートが高いときは『HABミミッキュミミッキュZ』と『HSスイクン@たべのこし』だったが、ミミッキュはこの構築に合っているとは言えず、スイクンも適任ではなかったように感じる。この2体を採用しているときに、メガゲンガーのパワーに依存しすぎていてメガゲンガーが選出できない時の勝率が低いことに気がついた。

フェローチェミミロップがとにかく重く、構築を考える難しさを改めて実感した。