青リンゴには毒がある

定期的に消したりたり

メモ

この構築になるまでに使ってたポケモン達の組み合わせ。

ボルトランドグロス以外のポケモンのお話。

 

S3の最後

 

ウルガモスゲッコウガポリゴン2

最初の形。

ウルガモス以外の2体は全く選出しなかったので特に言うことはない。

 

S4

 

ポリゴン2→アシレーヌ

ゲッコウガキノガッサ

ウルガモス

メガバシャーモが解禁されたのでバシャーモに投げられるポケモンとしてアシレーヌを採用。キノガッサは襷で強そうだから入れたけどptに合っていなかった。

 

キノガッサ→ガルーラ

アシレーヌ

ウルガモス

キノガッサを全く選出しないのでメタグロスが出しにくいナットレイ絡みに強そうな炎のパンチを持ったガルーラを投入。

 

アシレーヌカプ・レヒレ

ガルーラ

ウルガモス

アシレーヌではバシャーモにサイクル負けするのとランドロスと同時に出せないのが弱かったのでカプ・レヒレに。

 

S5

 

ウルガモスシャンデラ

カプ・レヒレスイクン

ガルーラ

催眠術ゲンガーやバシャーモへの耐性を上げる為にシャンデラ。前のシーズンにグロウパンチも持ったガルーラが多く勝つことが出来なかったのでゴツゴツメットを持たせたスイクンを採用。

 

シャンデラウルガモス

スイクン

ガルーラ

ゲンガーへの耐性を上げる為に採用したシャンデラはゲンガー+ポリゴン2の様なサイクル構築に対してはただの置物であったのでウルガモスに戻した。

この6体の時に最高レート2099だった。

この後、前回の構築になった。

 

 

 

書き忘れてたS6の後のポケモン

 

ミミロップ→カプ・コケコ

スイクンニョロトノ

カバリザに対抗する方法を色々考えた結果こうなった。ちょいちょい大会出たけど数回勝っただけだった。

コケコもトノも毒入れてたしトノに関してはドロポンも持ってたし結局命中不安採用しないと対応範囲をうまく広げられなかった。